公務員が副業で稼ぎたいなら本業を全力でやれ!仕事が忙しいアピールは恥ずかしい

あなたが現役の公務員で、本気で副業で稼ぎたいと思っているなら、今の仕事を全力で頑張ってください。

そして、毎日、定時ダッシュしてください。

まずは、そこからが副業生活のスタートです。

一見、矛盾していると思いませんか?

本業に力を入れすぎれば、時間だけでなく体力や精神もすり減らすことにもなります。

副業で稼ぐためには、とにもかくにも「副業をする時間」が必要です。

とくに、副業を始めた最初の頃の成果は時間に比例するといっても過言ではありません。

であれば、本業を適当にやって、副業に時間を充てたほうが効率的ですよね?

そのほうが、副業する時間を確保できます。

副業で稼ぐために一番重要な要素は技能やセンスではありません。

続ける力です。

ひいては「時間」です。

誰しも、1日は24時間ですから。

しかし、ことはそう単純ではありません。

なぜなら、実際は真逆の現象が起きるからです

実体験をふまえ、解説します。

仕事のストレスはプライベートに影響を及ぼす

「ライフワークバランス」

バランスとはよくいったもので、

生活と仕事を完全に切り話すことは難しいものです。

夜になれば、明日の仕事のことを考えてしまうのが社会人の性(さが)ではないでしょうか。

お風呂で髪の毛を洗っているときに、

明日は重要な会議だから朝早く起きて資料を準備しないとな~とか

あの仕事は明日〆切だから、残業かな~とか

ふと考えたりしていませんか?

また、

平日の疲れを癒すため土曜日は家でゆっくり休んで、

日曜日は昼に起きて気が付けば夜、(サザエさん症候群にかかってたりしませんか?)

この土日、ずっと家にいて何もしてないよ・・・

こんな生活を送っていませんか?

副業を始める前の私は完全にこのタイプでした。

頭が勝手に、「仕事>プライベート」

になってしまっていて、いつまでも仕事が優先される考え方になってしまっているんです。

これを、逆の「プライベート>仕事」

の関係性に頭を切り替えないといけません。

そうしなければ、仮に副業する時間を確保できても、仕事のことを考えて1日が終わってしまいます。

副業はプライベートに行うもの。

そのため、本業を時間内に全力で終わらせて、

明日、何もないな~休もうかな~

ぐらいにすることがベストです。

明日、休めるぐらいにやる仕事がなければ、仕事に対してあまり重きを置かずにプライベートを送ることができます。

月曜日のことを考えて、土日を過ごす必要もありません。

そうすることで、プライベートに仕事を持ち込まなくて済みます。

要は、仕事を1日、1日で区切り、終わらせることが重要です。

もちろん、本業にそれだけ集中するということは、疲労困憊になるはずです。

これまで自分は仕事をサボっていたのか?と錯覚するほど

定時になれば、自然と体と脳がシャットダウンを決め込みます。

しかし、それも慣れです。

慣れてさえしまえば、こっちのもの。

自然と仕事とプライベートを分けられれば、副業をする時間を確保できます。

いかにして、仕事のストレスを家庭に持ち込まないかが、

副業をするうえでのキーポイントになります。

不思議なもので、本業がうまくいけば、プライベートもうまくいきだします。

プライベートがうまくいけば、副業もうまくいきます。

目の前にある本業を放棄して副業で稼ぐことはできません。

仕事ができる人は副業でも稼げるし、仕事ができない人は副業では稼げない

当たり前のように思う方も多いかもしれませんが、

仕事ができる人というのは、副業をしても100%稼ぐことができます。

一方、仕事ができない人は、副業をしても絶対に稼げません。

本業と副業は全く別のものに見えて、実はつながっています。

「本業があまりにもできなくて、副業をやったら稼ぐことができたから、仕事を辞めました」

みたいな人は存在しません。

確かに公務員は、その仕事内容が合う・合わないがでてきやすい職業だと思います。

しかし、仕事が合わないこと=仕事ができない、ということではありません。

自分に合わない仕事だから一定の成果を上げられないというのはただの言い訳です。

仕事が忙しい残業自慢アピールをする人ほど副業では稼げない

いつも、口を開けば、忙しい忙しい

そんな人、周りにいませんか?

もしかしたら、自分も言っていたりしませんか?

実際、私の同僚にもいますし、古くからの友人にもいます。

忙しいが口癖になっている人は、いつまで経っても忙しいといっています。

もう何年目だよと、たぶん来年も言っているんだろうな・・・(遠い目)

本人に改善する気はないのか?と、よもや恥ずかしくないのかと思うほどです。

「忙しい⇒残業する⇒多くの仕事をやっている⇒社内で評価されている⇒自分は仕事ができる人間だ」

これは、仕事ができない社会人が陥りやすい典型的な思考回路です。

ましてや、残業代を貰えるわけです。

残業が副業(いわゆる生活残業)となってしまっている人もいますから、

この考えに染まってしまったら最期、抜けだすことは困難です。

確かに、部署によっては毎日終電、残業も100時間を超える場合もあります。

私も経験があるので気持ちは分かります。

ただ、結局は「仕事>プライベート」に脳がなってしまっているので、

副業するうえでは最悪な思考です。

申し訳ないですが、

現代において仕事が忙しいと残業自慢アピールをしている人は、私は仕事ができません!と公言しているようなものです。

そもそも、忙しい⇒残業する⇒仕事ができる、は古い時代の考え方で、

今は、定時で仕事を終わらせて帰ることが評価される時代です。

残業が全くない部署に人事異動になった場合のケースも考慮できていませんし。

もし本気で副業で稼ぎたいなら、この思考・現実から抜け出すことをおすすめします。

残業とは、目先のお金を得ることです。

一方、副業は、遠い未来のお金を得ることです。

稼げるかどうか分からない副業よりも、絶対にお金がもらえる残業代のほうが、良く見えるのは仕方がありません。

しかし、その思考では、いつまでたっても労働者から抜け出すことはできません。

副業をする場合、視野を広くもって長期的な目線で考えましょう。

本業の成果が良いと、懲戒処分が軽くなるケースがある

公務員が副業をして、仮にバレたとしても、懲戒免職処分ほど重い処分は受けません。

もちろん、自治体の規定レベル、副業の性質や稼いだ額にもよりますが、重くても減給処分が一般的です。

副業規定がなぜ定められているかというと、本業に支障をきたす可能性があるためです。

これは公務員に限らず、民間企業も同じ思想で副業規定(社内規定)を設けられています。

(実際は副業を解禁したほうが離職率は減るというデータがあるのですが、それはまたどこかで・・・)

公務員の場合、その処分について、いわゆる「情状酌量の余地」が加味されることがあります。

これは、本人の業務成績が優秀であるならば、一度の過ちについては本来よりも少し軽くしようとする考え方です。

社会通念上も認められる考え方だと思います。

例えば、30年間真面目に成績も優秀でトラブルもなかった職員が、お酒の席で人を殴ってしまったとします。

この場合、常態化していない、つまりは”殴ったのは30年間でこの1回だけのたまたま起こってしまった事実”という情状酌量の余地が残されているわけですね。

これは、副業でも同じことです。

副業によって本人の成績が下がっていない、

むしろ他の職員よりも優秀であった場合、

副業をしていたこと=業務に支障をきたしていた、とは認められません。

つまり、国家・地方公務員法に規定する職務専念義務違反には当たらないと考えられるためです。

※当然のことながら、飲酒運転など一発アウトなものには、情状酌量は存在しません。

副業をするために、寝る間を惜しんで作業をする意気込みは買います。

しかし、そのせいで寝不足になり、

  • 業務中に寝ている
  • 集中できていない軽いミスが多い
  • 物事をよく忘れる

など、明らかに副業をしていたことが原因で起こったと判断されるものがあれば、それは懲戒処分として自分に返ってきます。

「副業をしていた=本業に悪影響を及ぼした」

と思われた時点で負けです。

たとえ、それが副業とは全く関係のない内容からくるものだとしても。

何かあったときのリスクヘッジとしても、本業でいい成績を納めておくことは非常に大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)