【実体験】共感性羞恥とは?読み方、意味、原因を解説。日本人の割合は?

共感性羞恥の読み方は、「きょうかんせいしゅうち」と読みます。

では、共感性羞恥とは、具体的にどういった現象、症状なのでしょうか。

本記事では、原因やその意味について、探っていきたいと思います。

私自身の経験

実は、私もつい最近まで、「共感性羞恥」という言葉自体、全く知りませんでした。

 

まず、私の経験について話しておきます。(サラッと読みとばしてもらっても構いません)

先日、友人の結婚式に出席したときのことです。

式の途中、妙な恥ずかしさに襲われてきます。

それは、馴れ初めムービーや挨拶の際です。

 

しかし、私は平常運転。

なぜなら私にとって珍しいことではなかったからです。

 

普段、友人と話をしているときは何ともないのに、ある瞬間にスイッチが入ったかのように恥ずかしくなるのです。

もちろん、結婚はおめでたいことですし、わたしもうれしいのですが、うれしいことよりも恥ずかしさが勝るのです。

その感覚におちいってしまったが最後、もうムービーなんて直視できたものではありませんっっ

 

・・・ん??

 

そうですよね。。。。

疑問に思われた方も多いのではと思います。(逆にいえば、ここで疑問を抱いた方は共感性羞恥ではありません)

 

私は只のいち出席者にすぎません。

当然、新郎、新婦の二人のほうが恥ずかしいはずなのです。

なにせ二人のムービーなわけですから。

 

式が終わり、同席した友人に「恥ずかしかったね」というと、

緊張したり恥ずかしくなるのが二人なら理解できるけど、なぜあなたが?と言われました。

そこで初めて気が付いたのです。

 

え?これってみんな同じ思いじゃないの?

 

思い返せば、様々なシーンでこの感覚に襲われてきました・・・

 

面接もそうです。

進学や就職の際にかならずといっていいほど面接がついてまわります。

私は人がやっている面接を見ると恥ずかしくてたまりませんでした。

 

また、テレビなど、実際に目の前で起こっていなくてもこの感覚は現れます。

特に、告白やお見合いのシーンです。

その行為を見ること自体が恥ずかしいのです。

「ニンゲン観察バラエティモニタリング」や「ナイナイのお見合い大作戦!」などの番組は見れたものではありません。

 

人によっては、ドッキリ番組がダメな人もいるようです。

 

そして、それは、仲が良いほど、身近な存在ほど強く現れます

当然、赤の他人でも恥ずかしいですが、身内や友人となると比ではありません。

 

また、おかしなことに自分がやる分にはどうもないのです。

もちろん、恥ずかしいと思いますし緊張もします。

ただ、自分がやったほうがまだマシだと思うほど恥ずかしくなるのです。

 

私は、今の今まで、この感覚が全員に共通しているとばかり思っていました

私もアラサーですから、物心のついた今の今まで本当にみんなお同じ思いだと

だから、あえて口にしようと思わなかったのです。

ふと、友人の結婚式で発覚してしまったこの感覚が不思議でなりませんでした。

共感性羞恥とは仮の名称であり病気ではないが原因は不明

しかし、この感覚、この謎に終止符が打たれます。

「マツコ&有吉の怒り新党(テレビ朝日)」という番組で”共感性羞恥”が紹介されました。

この感覚は心理学の世界でも未だに研究途中であり、仮の名称だそうです。

そのため、「病気」との定義もされておらず、原因も詳しく分かっていないようです。

 

また、心理現象の明確な定義はありません。

しかし、専門家の方がおっしゃられていた一般的な定義としては、

共感性羞恥とは、人が恥をかくような場面を見たときに、まるで自分が恥をかいているように感じてしまう心理的な状態のことを指します。

ただ、人によっては、人が怒られている場面を見たときや、つらい場面をみたときに、自分のことのように感じてしまう人もいるようです。

 

厄介なことに、自分基準で恥ずかしいを判断しますから、

相手が何とも思ってないことでも自分だけが恥ずかしいという現象になるのです。

 

ちなみにですが、スポーツを見ていて、例えばマラソンを見ていて、自分も一緒に走ったような気がしてくることとは違うようです。

これは、ミラーニューロン現象という脳科学の分野で証明されている現象だそう。

ミラーニューロン研究の第一人者であるカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のマルコ・イアコボーニ教授は、

著書『ミラーニューロンの発見』(早川書房)の冒頭で、ミラーニューロンの象徴的な働きとしてスポーツ観戦を取り上げている。

「選手がプレーしているのを見ることも、自分がプレーしていることと同じになる。

選手が捕球するところを見たときに発火するニューロンのいくつかは、自分が実際に捕球するときにも発火する。

だから見ているだけで、同時にプレーしているような気になれる」

他人の動きを見ているだけなのに、脳では、実際にその動きをするのに必要な部位が反応している。

自分でも経験のある動きを見たときの方が、ミラーニューロンはより発火するといわれている。

また、誰の動きを見ても同じように反応するのではなく、ファンである選手、応援している選手の動きを見ているときに、より強く反応するようだ。

このようにミラーニューロン現象は、他人がしていることを見て(鏡が反射するように)自分のように感じることを指します。

正直、個人的にはあまり違いはわからないのですが、

共感性羞恥はまだ研究途中ですので、結果的にミラーニューロン現象の一部だったという結論もあり得るかもしれません。

日本人は10人に1人の割合で存在する

同番組での10代~80代の男女500人アンケートの結果、経験ありが「10.4%」の割合でした。

つまり、日本人の10人に1人の割合だとみて差し支えないでしょう。

私は、どうやらその1人らしいのです。

めずらしいからといって喜ぶ気には全くなれませんが・・・

まとめ

心理学の中でもまだまだ研究中ということもあり、その症状の理由や原因、またその対策方法は解明されていません。

感受性豊かといえば聞こえがいいようですが、発達障害やアスペルガー症候群と揶揄されることもあるみたいです。

しかし、病気ではありません。

研究途中ということですので、議論がぶれることは当たり前ですので致し方ありません。

この現状を踏まえ、対策を講じるとすれば、もう見ないようにするしかありません。

自分がいままで経験してきたことを踏まえ、あらかじめ察知して出会うことを避けるのです。

冷静になってみれば、自分が恥ずかしい思いをしているだけで、

周りから見ればあなたが恥ずかしいことを実際にしているわけではないのです。

何も恥じず、一緒に抱えて生きていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)