休日の過ごし方は金曜日の夜で決まる。するべきこと、してはいけないこと。

一週間で一番重要な日は金曜日だ。

土日を控えた一番らくな日などでは到底ないことをお話したい。

恐ろしく長く感じる休日の過ごし方

月曜日から金曜日まで、

あくせく働いて疲れた体や心を癒すために、

土曜日、日曜日の休日は、予定もいれず、外にも出掛けず、家で過ごす人も多いのではないだろうか。

一方で、土日こそ外に出かけて、家には寝るためだけに帰るという人もいる。

休日の過ごし方は人それぞれだ。

インターネットの普及で、どこにいたって人と繋がってしまう日常のストレスをどう解消するかは、現代人にとって課題だ。

しかしながら、休日というもは、往々にして早く過ぎてしまう。

平日よりもはるかに時間があるにもかかわらず、何かをやろうと思ってもできないことがほとんどだ。

休日のスタートは、金曜日から始まっている

休日の起終点はどこなのか。

それは、金曜日の夜から月曜日の朝までだ。

決して、土曜日の朝から日曜日の夜までではない。

金曜日の夜からすでに休日はスタートしているのだ。

この認識が薄いために、大抵の人は、スタートが上手くきれていない。

スタートを上手くきるためには、金曜日に考えてしまう「明日は休みだから」という思考を変える必要がある。

  • 明日は休みだから、残っていた仕事を片付けようと残業をする
  • 明日は休みだから、終電まで飲みに出歩く
  • 明日は休みだから、テレビ、動画を明け方までみる

以上の3つの思考は、

  • 仕事
  • プライベート(アウトドア)
  • プライベート(インドア)

どれをとってもありがちな行動だ。

もっと言えば、ありがちなミスだ。

これらのミスの後に待ち受ける悪循環に気が付いてほしい。

金曜日から始まる悪循環

金曜日の夜、

日付も変わってしまった頃に就寝

→土曜日の昼頃に起床、もう昼なので出掛ける気が起きない

→前日の昼頃に起きてしまったがために、日曜日も当然の如く昼頃に起床、そもそも明日から仕事が始まるので出かけたくない、家にいたい

→日曜日の朝方に就寝し寝不足のまま月曜日の朝を迎える

金曜日の仕事終わりから終電まで飲み会があった人は、まず間違いなく土曜日は家にいるだけだ。

二日酔いのせいで何もやる気が起きないだろう。

このようにして、また気分の悪い月曜日がスタートしてしまう。

「休日は何もできなかった」という後悔とともに目覚めるため、週の出だしから気分が悪いのだ。

当然、寝不足という意味で体調もよろしくはないだろう。

しかしながら、強制的に月曜日が始まり、仕事の焦燥にその後悔も忘れさられ、ストレスがたまり、また同じような週末を迎えることになる。

この週末こそは、と思いながら繰り返してしまうのだ。悲しいことに、仕事によって後悔した休日を忘れ、仕事によって後悔する休日を迎えることになる。

金曜日こそ、いち早く家に帰って、早く寝なければならない

土曜日に備えて、積極的な休息をとるのだ。

もし、あなたが飲み会の幹事であれば、かならず金曜日以外の平日にセッティングすべきだ。

確かに金曜日であれば、明日の仕事のことは考えなくてもいい、好きなだけ遊べるという気持ちにもなれるだろう。

それも相まってか、必ずといっていいほど二次会、三次会に誘われて終電近くまで付き合うことになる。

断る理由を並べても、明日は休みという理由で打ち消されてしまうだろう。

もし、その飲み会が火曜日にあるとしよう。

大抵の社会人であれば、まだ週の折り返しでもない日に終電までとはいかない。

仮に、二次会、三次会に誘われても断る理由は満載だ。

その日の生活リズムが崩れても、始業時間という強制的な目覚まし時計により、すぐにあなたの生活リズムを取り戻すことができる。

逆に仕事を利用するのだ。

しかし、休日ではそうはいかない。

始業時間のような縛られるものがほとんどないからだ。

仕事によって強制的に作り上げられた規則正しい生活リズムは、たった一日の「特に予定がない休日」で崩れ去ってしまう。

これは、残業においても同じだ。金曜日だからと普段よりも多く残業をしてしまうと、疲労がたまる。

明日は、休日かつ仕事のストレスが軽減された気分も相まって、朝早く起きることがより難しくなる。結局、土曜日の昼に起きるような悪循環に陥ってしまう。

休日こそ「予定」を入れろ

休日は何も予定を入れたくない。

仕事の疲れを癒したい。

その気持ちは十分に理解できるが、自分のやりたいことを実現させるためには、予定が必要だ。

それも、自分がやりたいことや期待感が高まるような予定だ。休日だからあえて何も予定をいれないと、何もやれないまま休日が終わってしまう。

休日の予定は、日曜日の夜に計画しろ

休日になってから予定を考えているようでは、何も実現できない。

計画をたてることに意志力を使いきってしまうからだ。

そして、悩んだあげく、時間がない、疲れている、明日やろうといった言い訳をしてし何もやれないのだ。

そのまま日曜日を同じように迎えるのだから、できるはずもない。

だからといって平日に計画をたてることも難しいだろう。

仕事で意志力を使い切ってしまっているし、朝起きて意志力が回復しているタイミングでやることにしてはもったいない。

狙うべき時は、日曜日の夜だ。

寝る前に、自分のやりたいこと計画してみてほしい。

来週の休日の予定がきまっていれば、その期待感を抱いたまま平日を過ごすことができる。

仕事は捗り、時間が経つのも早いだろう。

新作のゲームや漫画の発売を待ち焦がれた子供のころを思い出してほしい。

予定は、詰めすぎるな

あくまで、休日の予定だ。

何時何分にここで、次は、となると、それはもう仕事の領域だ。

そこまでいってしまうと、逆に休日に疲弊してしまうだろう。

簡単でいい。

ランチにいくとかでも問題ない。

ランニングも立派な予定だ。

一番のオススメは、午前中に友人に会って、ランチをすることだ。

会って話すことでストレスの発散になるし、待ち合わせ時間を朝に決めていれば、そうそう寝坊はできないはずだ。

ただし、家事など平日にでもできるようなことは避けた方がいい。

平日にできていない、日用品の買い出し、洗濯や掃除などを優先的にしてしまい、気が付けば日曜日の夜になっている。

振り返ってみれば、平日でもできることを休日にやってしまうため、何もやれていない気がして、後悔のまま休日を終えることになる。

予定を実行するまでが、幸福度のピーク

人は、予定があれば、予定を目印にして進むことができる。

それは、その予定に期待している度合に比例する。

そして、その予定によってもたらされる幸福度は、その予定が実行されるまでがピークだ。

実際にいざやるとなったときよりも、やった後よりも、予定に期待し、想像しする日々のほうが幸福度が高いのだ。

旅行を計画する過程で、計画しているとき、出発前日まで楽しいのに、当日に急にめんどくさくなったりしたことはないだろうか。

発売前のゲームも、事前情報は楽しく仕入れていたのに、いざ発売日となると買わなかった経験はないだろうか。

つまり、休日に予定を入れることで、平日が楽しくなる。

結果として、その予定が楽しくなかったとしても十分恩恵は受けられるのだ。

休日を楽しみために平日があって、平日を楽しむために休日があるのだ。

間違っても一方通行になってしまってはダメだ。

家事は、平日、寝るまでにやれ

平日のほとんどの時間は、仕事と睡眠だ。

通勤、食事、などの時間を入れれば、自由時間はさほどない。

集めても4時間ほどではないだろうか。

その4時間を効率的に使うことは、そう容易いことではない。

仕事で疲弊している体に鞭を打つわけだ。

意志力もない状態でともなると難しいかもしれない。

しかし、少し掃除機をかけることぐらいであれば十分な時間があるだろう。

朝早く起きて済ませる方法もある。朝早く起きることで意志力は回復する。

家事について今一度考えてみてほしい。

掃除、洗濯は毎日必要なことだろうか。

今日、着た服は、いますぐにでも洗わなければならないものだろうか。

電気代、水道代もかかる。

仮に髪の毛が落ちていたとしても気にする必要はないはずだ。

なにせ、掃除機をかけているその瞬間にも髪の毛は落ちているのだから。

第一、家事というものは細かくやろうとすれば際限ない。

どこかで、終わりの区切を付けないことには、永久に終わらないのが家事だ。

家事に囚われて休日を無駄にしてしまってはいけない。

平日を利用すれば、始業時間という強制タイマーで家事を終わらせることも可能だ。

やりたいことを優先に

もちろん、金曜日の夜遅くに寝ても、土曜日の朝に頑張って起きればいい。

ごもっともだ。しかし、無理に頑張って起きることは、意志力を使いきってしまう。

つまり、起きることに意志力を使ってしまったがために、肝心のやりたいこができなくなる可能性が高かくなるのだ。

そうすると、「やりたいこと」がやれずに、「やらなければならないこと」に時間を使ってしまう。

これが、休日に何もできていないと感じてしまう原因だ。

金曜日だからこそ、仕事を早く終え、早く家に帰ってほしい。そして、早く就寝して早く起床してみてほしい。

最初は、予定は簡単なものでもいい。

慣れるまでは、家事でも問題ない。

土曜日の午前中で、掃除、洗濯、買い出しなどは済ますことができるだろう。

普段なら、まだ寝ていたであろう時間にすべて終わっているのだ。

そして、昼からは自由な時間だ。時間は有限だ。

しかし、「休日ってこんなに長かったっけ?」と時が止まっているかのような感覚を経験できるはずだ。

さらに、生活リズムを崩すことなく月曜日を迎えることができれば、予定が決まっていれば、あなたの休日はより良いものになる。それを習慣にできれば、なお完璧だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)