技術系公務員「土木」は辛くてくきつい?転職しやすいことがメリット

技術系公務員、特に土木職は就職活動を公務員にするか民間企業にするか悩ましいところです。

技術系公務員は採用枠が少なくなかなか採用されませんが、じつは土木だけは別なのです。

土木は日本を支えてきた職業で、3K「きつい」「汚い」「危険」で人気がなくなってきており、超高齢化が進んでいます。

しかし、道路や河川などのインフラはなくてはならないものですから、一定枠は必要なのです。

ただ、難しいんです。

上記の背景がある以上、今や土木は高給です。

東京オリンピックを控え、ますますその需要は高まってくでしょう。

民間と公務員、どちらに就職するのか、その判断基準になれば幸いです。

民間企業で働きながら、公務員への転職は難しいのか?

公務員試験には、大学生4年生や既卒者が多く受験する一般試験と一定の年齢を超えた社会人が受ける経験者採用試験があります。

一般試験の年制限は、職種によっても変わってきますが、基本的には29歳程度だと思って頂ければ良いと思います。

経験者採用試験は、自治体によって受験できる年齢や受験条件も変わってきますが、年齢制限に関しては、一般試験に受験できなくなった年齢から60歳程度まで上限となります。

公務員試験を受験するにあたっては、年齢制限があることが厄介です。

何を言っても、悩んでいる間に年齢は上がっていき、気が付けば30歳。

もう社会人枠しかないじゃないか、なんてこともよくあることです。

年齢が高ければ高いほど試験には不利です(もちろん、特別な技能や経験があれば別ですが)

また、公務員試験の内容はなりたい公務員によって異なります。

教員は当たり前ですが、自治体によっても異なります。

警察官も違います。

同じ地方公務員ですが、都道府県市町村とまちまちです。

国家公務員も同様です。

まず、公務員になりたいと漠然と考えるのではなく、市役所に勤めたい、県庁に勤めたいなど、なりたい公務員を明確にすることが必要です。

また、面接のみのところもあれば筆記からグループ討論、論文といった面接にたどり着くまでが長い公務員試験もあります。

本当にバラバラなのです。自分に合った試験内容から探してみるのもありでしょう。

さらに試験の回数分、有給休暇を取得する必要があります。

筆記試験があるところは休日が試験日に設定されていることが多いですが、面接などは平日も関係ありません。

平日で休めないとなってもある程度の融通は聞くはずです。

試験期間内であれば、特に社会人枠であれば事情を汲んでくれる可能性が高いです。

あとは、単純に勉強にどれだけ時間をさけるかです。

通勤時間、昼休み、仕事が終わってからと社会人であれば合間合間を縫って勉強するしかありません。

だからといって、採用試験に面接しかない自治体を受験することを念頭に置いてしまうと危険です。

みんな考えることは同じですから。

筆記試験がある方が一見するとつらいように思えますが、働きながら試験勉強ができる人は限られます。

その中で突出することはそう難しいことではありせんが、面接だけの試験はそうはいきませんからね。

志望動機は適当でいいです。

漠然としていてもいいです。

だいたい面接官にはわかりますからね。

民間から公務員へ転職する人が何を考えているかねんて。

公務員からの民間企業への転職は難しいのか

公務員(自治体職員)から民間への転職の場合、「公務員ですら務まらなかった人間」というレッテルをはねのける必要があり、民間よりも難しいのでは無いかと思います。

これにつきます。

公務員の評価は、中でどんだけ忙しくとも世間一般では「楽な仕事」なのです。

転職理由を明確にしておく必要があります。

理由があいまいでは企業では務まりません。

志望動機と背景が命です。

年齢が若ければ、こんなことをしたいんだと語れば、公務員になれるほど優秀な人材と受け取ってくれるかもしてませんが、長期間公務員をしていると、上記のような評価をされてしまいますので、転職するなら早めです。

公務員の給料や退職金は基本的に年功序列ですから、歳を重ねるごとに辞めにくくなります。

動くなら若いうちでないと、公務員の世界に慣れてしまい、メンタル的に転職は難しいです。

周りも安定していて給料がもらえるのであれば、わざわざいい歳こいて民間企業に転職しようとしてもなかなか賛同はしてくれません。

公務員に転職したのは失敗だった・・・正直、後悔している人が多い?

業務量は配属される部署によって本当に違います。

毎日終電の部署もあれば定時の部署もあります。

よく、民間経験者が実際に公務員として採用され、働いてみたら、やっぱり公務員は楽だということを言いますが、果たしてその人は公務員になって何年目なのでしょうか。

10年目の人がそのような発言は絶対にしません。

この発言をする人は、絶対に転職してすぐの人です。

公務員も民間企業も同じだと思いますが、新人とその課に何年も勤務している人が全く同じレベルの仕事をすることはないというのが普通です。

当然、勤務経験の長い人が難しい仕事をして、新人が簡単な仕事をすることになります。

ですので、民間企業から公務員へ転職した年数の浅い人が、楽だというのはある意味当たり前なのです。

ただ、仕事量でいえば、民間のほうが辛いと思います。

東京オリンピック需要もあり、今、建設業はバブルです。

また、業界は明らかな少子高齢化で、成り手がいません。

つまり、需要と供給のバランスから仕事量は膨大だが人手が足りないのです。

給料を上げて対策してもその傾向は変わりません。

私の周りで民間企業から転職してきた方々の理由は「家族との時間」を大切にしたいからです。

この理由以外、聞いたことがありません。

モチベーションの維持

民間企業では、自分の成果が評価されたと思います。

給料に反映されてボーナスが!なんてことは公務員には存在しません。

あなたがどんなに頑張っても、横でパソコンもさわれない人の半分以下の給料で働かなくてはなりません。

能力があって資格ももっていても関係ありませんし、自分がやろうとしても上司がダメで終了です。

画期的なアイデアも法律的にどうかな?とか前例がないか難しいな、とかで採用されません。

自分は何のために誰のために仕事をやっているのだろう?この疑問を抱くようになると危ないです。

特殊な精神力が必要

最大の敵は上司や同僚ではありません。

地元住民です。今や地元住民は王様です。

職場の人間関係に悩む人は少ないです。

地元住民との関係に悩ん停職する人もいます。

できる限り拘わらないようにするためには、地方公務員より国家公務員を目指してください。しかし、国家公務員は国家公務員で悩むところが多いんです。

ところで、あなたは年何回役所に行きますか?

おそらく1回もいかないと思います。しかし、来るんですよ。公務員を大好きな地元住民が。

苦情、苦情、苦情です。

自分がやったことではなくても公務員という枠でひとくくりにされ罵倒されます。

少しでも反論しようものなら、懲戒処分になります。

下手をすれば実名で新聞やテレビに公表されます。

それがわかっているから、市民も態度を崩しません。

電話で名前を名乗らない人が電話に出るまでかけ続け、つかまればその人に対し説教を1時間以上する人なんてざらですからね。

電話をきってもいいんですよ。

ただ、それが切れないです。なんせ、相手は王様、市民ですから。

繰り返しになりますが、市民は王様です。

あなたがいくら正しくても市民がおかしければそこで試合終了です。

王様の言うことは?絶対!の世界です。その人たちの相手を毎日しなければなりません。

苦情を言われようものなら評価が下がり出世はできません。

言われないようには市民に媚びへつらうしかありません。

これは極端な言い方をしていますが、民間企業に勤めているサラリーマンには絶対に理解されません。

しかし、働きだすとこのつらさに耐えきれない人が多いのです。

特に土木職は大変です。

なぜなら、インフラの管理業務が主な仕事になります。

外に出れば、道があって川があって公園があります。

住民が目を開ければ見えるもののほとんどを管理していますから、当然、要望や苦情はほかの職業を超えますから。

給料

公務員は高給取りだと非難されます。

確かに、アルバイトやフリーターから比べればそうなのでしょうが、大企業からすれば可哀そうなほどしかもらっていません。

30歳で手取り20万円以下なんて当たり前ですから。

今のご時世、公務員になる人はそれなりの経験と学を積んできた人だと私は思っています。

その人の周りが会社名もわからないような会社に就職するわけないんです。しかし、世間の目は違います。

公務員なんて誰でもできる仕事なんだから最低賃金でいいだという声が多数ですからね。

攻める箇所が見当たらなければ、伝家の宝刀「俺たちの税金で飯を食いやがって」がさく裂します。

そういわれても耐えるしかないのが今の公務員です。

私は、自分の勤めている市役所とは別の市に住んでいます。理由は単純、市民に会うのが嫌だからです。

プライベートまでなんで監視されなきゃいけないんだと思います。

自意識過剰かもしれません。

しかし、勤務先の市内に住んでいる人の多いこと多いこと。

こんな公務員叩きの時世になることを想定できてない時代ですから年配の方は致し方ないですが、若手が住んでいるとびっくりしますね。意味が分かりません。

そういう意味では、やはり、私は公務員には向いていないのかもしれません。

「土木」の最適な人生ルート

私が思う、土木を専攻している人の最適な人生のルートは、

  • 20代は大手ゼネコン等でバリバリ働いて、お金を稼ぐ
  • 30代に公務員へ転職し、お金よりも時間を得る

これです。

新卒カードを公務員に使うのは少し勿体ないと思います。

なぜなら、どこの役所も土木職の公務員試験の倍率は2倍~3倍程度だからです。

それもここ何年もずっとです。

つまり、単純に、公務員⇒民間よりも民間⇒公務員のほうがなりやすいということです。

また、30代で公務員になっても出世できないのでは?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

むしろ、必要とされる人材です。

私の勤める自治体では、民間企業からの転職組のほうが早く出世しています。

公務員は勤続年数も重要ですが、年齢も重視しますからね。

なにせ、年功序列の世界ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)