現役地方公務員が出世コースの部署で昇進を諦めた理由

私はアラサーの現役地方公務員です。

そんな中堅職員の私が、出世コースの部署に在籍しているにもかかわらず昇進を諦めました。

その理由、本音を打ち明けます。

なぜ、出世コースの部署に在席しているのに出世・昇進をやめたのか

簡単に言うと、出世競争ゲームに「疲れた」からです。

この歳になってようやく出世すること、昇進することがゴールではないと気が付きました。

あらかじめ断っておきますが、私は出世することを諦めたのではありません。正しくは、「出世するために仕事を頑張ることをやめた」のです。

公務員としての人生設計

30歳代ともなると必ず頭を悩ますこと、それは今後の公務員人生の過ごし方です。

公務員の人生設計でよく言われるのは、

  • 担当者のままでその道を極めるのか
  • 係長、課長、部長と昇進していって管理職として自治体を引っ張っていくのか

概ね、この2つです。

30歳前後からは、上司との人事面接では必ず「昇進したいか」と問われます。

昇進したくないと答えると、なぜ?なぜ?なぜ?と詰められます(笑)

その理由は、上司の人事評価に影響することはもちろんのこと、このご時世ですから、昇進したくないと考える若手職員が増えているからです。

組織ですから、管理職は一定数必要です。

しかしながら、このままいいくと、あまり優秀とはいえない職員しか昇進させることができず、いち自治体組織として立ち行かなくなる可能性がでてきます。

公務員生活は今や65歳まで定年延長され、長いように思えますが、実はこのタイミングで概ね公務員人生が決まります。

というのも、公務員の世界では、どれほど評価されようと成果をあげようと、担当からいっきに部長・局長級へは昇進できません

飛び級はありません。

良くも悪くも、給与も階級も年功序列で、段階的に昇進する必要があります。

係長を1年だけして課長にはなれません。階級に在席する年数が必須条件だからです。

一例ですが、係長から課長にあがるためには10年の職務が、課長から部長までは8年の職務が必要だったりします。

つまり、若くして昇進すればするほど出世への道は開かれていきます

50歳で係長になっても、部長にはなれません。

定年時には課長が精一杯です(退職間際に1階級あがる場合があります)

昇進・出世のためにこれまでにやってきたこと

出世することは良いことばかりではありません。

メリットしかないのであれば、若手職員がみんな手をあげて昇進したがるはずです。

しかし、現実はそうなっていません。

出世したくない理由(デメリット)があるのです。

  • 昇給がほとんどない
  • 有給休暇を取得できない
  • 責任を負わされる(部下のミスでも懲戒処分の対象になる)

これらはあくまで一例ですが、係長や課長で有給休暇をすべて取得している人と出会ったことはありません。

担当と係長では給与の差はほとんどありません(部長となると話は別ですが)

それでも私はメリットを重視し、出世する人生を目指しました。

私は大学を卒業した新卒で入庁し約10年の間、必死に仕事をやってきました。

  • 係長になるべき
  • 見ている視点が違う
  • 役所を背負う人材
  • 昇進させるために部署異動させない
  • 昇進させるようにうえに言う

改めて文字にしてみると、なんとも恥ずかしい・・・でも事実です。

飲み会の席や人事評価面接で言われました。

昇進させるために部署異動させないなんて現役の公務員の方からすれば”あるある”ではないでしょうか。

もちろん、お世辞も含まれているとは思います。(ほとんど?笑)

実際、人事評価では課内トップをとったこともあります。

もちろんトップではない年もありましたが、常に成績は上位でした。

また、係長になるのだからと背中を押され、え?これはさすがに係長の仕事では?と思うこともやってきました。

そんな私がこれまでやってきた主なことを紹介します。

プライベートも職場の人と交流

私は人見知りです。仕事上は社交的にふるまっていますが、家に帰るのが大好き、休みの日も家にいることが大好きです。

職場ではコミュニケーション能力が高すぎてすごいと言わるほど、人見知りは誰にも気が付かれていません。

でも本当です。

家に帰ると、どっと疲れが押し寄せてきます。だから、土日は誰とも話したくないんです。

しかし、公務員だとはいえ、プライベートを捨てないといけないこともあります。

私の勤務する部署は土日が休みでしたから、土日には、例えばスポーツでしたら

  • フットサル
  • テニス
  • マラソン=駅伝
  • ソフトボール
  • 野球
  • 卓球

などなど、あげればきりがないほど、ほかにもたくさんの行事が催されています。

若手は必ずといっていいほど誘われます。(若手というだけで・・・)

むしろ、取りまとめ、段取りをしろと言われます。

ここで、断れるかどうかが重要で、昇進をしたいと考えている職員で断っている人は見たことがありません

もちろん、断ったからとって仕事の評価が変わることはあってはなりません。

しかし、評価をするのはもっと上の世代、要はプライベートも仕事の一環だと思っている世代です。

その世代から一目置かれないことには出世なんてできないのです。

何が辛いかと言えば、飲み会がセットで付いてくるということです。

朝からスポーツをして夕方から飲み会ともなると、休日の1日がつぶれますから。

飲み会への参加

私は、上司や同僚から誘われた飲み会を断ったことがありません。

これ、何の飲み会?上司以外、誰も知らないんだけど・・・なんて日常茶飯事です。

急に”今日いける?”と言われても、笑顔で”いけます!”と答え、終電まで。

私、お酒があまり強くありません。酔って騒ぐ人の気持ちが理解できないほど弱く、気分が悪くなるだけなんです。

本当に弱いんです。

でも、断れば付き合いが悪いやつ認定されますから、とくに若手時代は断ることが怖くてなかなか断れないんですよ。

なかには割り切っている人もちらほらでてきます。

悲しいことに、いい話は聞きません。そんなものです。人の評価なんて。

新規採用職員の教育係や若手職員の指導

係長になるもの、部下を教育・指導できなくては仕事が回りません。ひとつの役割です。

予行演習もかねて、係長として昇進されるかを考慮し選ばれます。

明らかに仕事ができない職員に新規採用職員や若手職員の教育・指導を任せることは絶対にありません

また、仕事ができるだけではだめで、コミュニケーション能力が特に求められます。

新規採用・若手職員が辞めることはあってはなりませんからね。

もちろん、その分の仕事量は増えます。よもや倍増です。

新規採用職員に教えながらといっても、その仕事を教えながら片づけるのが仕事ですから。

そうなると、残業&残業の毎日です。

終電なんて当たり前。土日出勤も当たり前です。

ただでさえ、出世部署というものは激務です。

過労死の基準である残業時間なんて”何それおいしの?”状態です。

ほんと、あの数年間は、仕事以外に何をしたのだろうか・・・と思いだせば悲しくなってきます。

その他

これまでのことに当たり前じゃないかと言われるかもしれませんが、ほかにも、ここでは言えないことを多くやってきています。

人事課から直接、研修を依頼されたり、新規採用された年から係長級ですら任命されないような仕事もやってきました。

幹部たちに伝えると黙るレベルの仕事です。本当に。なにせ、史上初でしたから。

これ以上言ってしまと身バレ確実!レベルの内容ですので、これ以上はご了承ください。。。

また、係長があまりにも仕事ができない人だったときは、課長や部長のレクはすべて私が資料を作成し説明していました。

昇進したいとする職員(上司も昇進させたいとする職員)への仕事への対応は本当に全然違いますからね。

係長級の仕事ぐらいできて当然の体でうえもきます。

割り切れば、それは係長の仕事なんだから・・・って話なんですが、そういってしまうとまず昇進できません。

いくら頑張っても報われないことはある

私には、多くの選択肢がありました。

出世を目指さず、誘いも全て断ることもできたからです。

仕事よりもプライベートを優先することもできました。

有給休暇を取得予定でも仕事が入れば出社していましたから、結果的には有給休暇はほとんど取得できていません。

脳裏には何度も選択肢としてあがりましたが、諦めずにやろうと頑張ってきました。

それでも、なお、報われないこともあるのです。

公務員が昇進するときの評価基準

公務員の出世は何によって決まるのでしょうか。

  • 退職人数=昇進候補者人数
  • 勤務評定

主にはこの2つです。表向きは・・・

勤務評定も含め、自分の力ではどうにもなりません。評価するのは一緒に仕事をしないレベルの上司なわけですから。

それに加え、公務員ですから、政治の力も働きます

うえからすれば、自分の言う事に従順な部下は使えますからね。

出身大学や人事権者との関係性なども今更どうしようもないことも評価の対象です。

大学人事は昔は特にひどく、それで出世を諦めたベテランの方はとても多いです。(数年間の昇任者がずっと〇〇大学出身なわけですから人事も分かりやすいことをしますよね・・・)

キャリア官僚の学歴をみてください。ほとんど東大出身です。

たまに、京大、ごくごく稀に大阪大学など他大学がはいってくる程度です。

頭の良さと仕事のできは関係ないという人もいますが、人事において学歴は大きく、

東大出身でかためられた管理職に他大学が割って入ることは難しいわけです。

 

資格をもっていることも考慮されません。

資格があれば出世しやすいかといわれれば、考慮はもちろんされますが、結局はそれを含めての評価です。

いくら多くの重要度の高い資格をもっていても、評価が低ければ関係ありません。

 

また、年齢や経歴も重要です。

18歳の高卒、22歳の大卒と、30歳の民間採用では、同じ年数でも評価が違います。また、就職氷河期世代を昇進させないと職員構成がいびつに空洞化したままです。

さらに、公務員の世界では管理職の女性割合を高める施策を打ち出していますから、男性は少し不利です。

退職者がいなければ席が空きませんので一生あがれません

また、あがれるにしても、先輩がその順番をまっているならあなたはあがれません。

あなたのほうが優秀でも、先輩がいるのであれば上がりません。

部署に何人も昇任候補者がいれば、その分、競争になります。

一つの部署から何人も何年も昇進することはありません

部署自体が評価されていなければ昇進もできません。

いわゆる出世部署があります。一般的には、人事、企画、総務などがあげられます。(中の人はなんとなく分かりますよね?)

私はいわゆる、出世部署といわれる部署にこれまで在席しています。

なにせ、歴代のトップが必ず配属される部署として庁内では有名です。

 

また、採用されて初めて配属される部署ですら、出世組かどうかのふるいにかけられています

>>>出世競争は新規採用されたときからはじまっています

 

まだまだ、あげればきりがないですが、一番重要なことをお伝えします。

それは、すべてブラックボックスなことです。

上記の内容はあくまで机上の空論。絵に描いた餅なわけです。

もちろん、私がこれまでの実績から傾向は推測し、また先輩や上司から聞いた実体験に基づくものです。

しかし、ブラックボックスで本当に上層部だけで決められる政治の世界なわけです。

自分の異動先が決まっていても、上のほうで直前に変更なんてこともあります。

出世レースをして感じたこと

フルマラソンは42.195kmですが、制限時間が7時間あれば、参加者のほとんど完走できます。

では、ゴールは不明、制限時間は65歳で、いったいどれほどの人がゴールできるでしょうか。走り続けられるでしょうか。

公務員ですから、頑張っても頑張っても昇進しなければ頑張っていない人と給料(年収)や待遇は同じなわけです。

あなたのゴールはどこでしょうか?

部長になることでしょうか?課長でしょうか?それとも早期退職でしょうか?

あいつに勝った、負けたを1年単位で繰り返し、定年まで走るつもりですか?

ゴールを幸福度とするのであれば、別に歩いてもいいのではないでしょうか。

国家公務員の働き方の改善状況に関するアンケートの調査結果

2020年6月19日に政府が公表したアンケートの結果によると、

昇進について、意欲があると答えた割合は、

  • 男性 64.8%
  • 女性 50.2%

と、男性のほうが女性よりも出世意欲が高いことが分かりました。

半分とまでは言えませんが、それでも多くの公務員が出世そのものに意欲がないことも見え隠れしています。

意欲がない理由として、「長時間勤務の常態化など仕事と家庭が両立できない職場環境」が約4割にものぼっています。

あくまでこれは国家公務員に対するのアンケートですし、

調査方法は、各府省などに勤務する約3割の職員を無作為抽出して行っていますから(約4万5千人が回答)

ある程度の偏りはあると思います。

しかし、ワークライフバランスを重視する時代になっていることは明らかです。

もう出世のためにプライベートを犠牲にしない

仕事に重きをおきすぎれば、仕事で何かあったときの精神的疲労は相当なものです。

1年間必至に頑張りアピールした結果、昇進しなければ(極端に言えば)何もやらずに寝ている職員と同じ扱いになるわけです。

昇進できないと言われたときは、クラッ・・・

いつ昇進するかもわからない、同期や後輩がどんどん昇進していく、それを何年も耐えることがあなたはできますか?

担当から係長へ昇進するときは、

  • 同期より先に・・・
  • 後輩よりは絶対に先に・・・
  • 先輩に遅れはとらないように・・・

これを毎年くりかえし、係長になっても

今度は課長へ昇進するときは、

  • 同期より先に・・・
  • 後輩よりは絶対に先に・・・
  • 先輩に遅れはとらないように・・・

これを定年まで続けられますか?

40歳や50歳で出世競争に敗れ、これまでの仕事しかない人生を取り戻せますか?

だから、今から心構えをしておく必要があると思うのです。

無事、昇進することができても、昇進すればするほどプライベートの時間はなくなります。

休みはないですし、責任は重い。

 

だから、私はプライベートの充実を図ることに決めました。

もう出世のためにプライベートを犠牲にはしません

  • 行事も参加しない
  • 飲み会も参加しない
  • 組合も辞める
  • 無理な仕事は断る

これらをするだけで、時間とお金を簡単に生み出すことができますから。

もちろん、必要な付き合いはあると思っていますし、仲の良い人との飲み会は楽しいものですから、

何から何までしないというわけではありません。

”付き合い”でやることを辞めました。

 

副業だって始めています。

今の目標は、公務員の年収+副業年収=1000万円を目指したいですね。

自分が課長や部長より稼ぎがあれば、昇進なんて逆にしないほうがいいと考え方も変わるやもしれませんし。

これまで私を応援してくれた方には申し訳ないですが、私は疲れたんです。

これを定年まで続けることは、本当に仕事だけで人生が終わってしまいます。

これまで犠牲にしてきた自分の時間を取り戻すなら今しかない。

それだけです。

くれぐれも勘違いしないでいただきたいのは、仕事を疎かにするつもりは毛頭ありません。

あくまで、仕事は仕事。

全力でやります。

ただ、出世競争とは別。

私は出世するために仕事を頑張ることをやめたのです。

5 COMMENTS

masa

はじめまして。
私は、職務経験で公務員になったアラフィフです。
あなたの文章読ませていただきました。
だいたいうちの職場も同様ですね。
仕事ができる人はたくさんいるけども、結局上にあがれるのは
トップの個人的な思い(好き嫌い?)に振り回されっぱなしです。
ある意味、露骨でおもしろいくらいです。
私も、40歳すぎて公務員になり、3年目から係長になって、
中途でも出世のチャンスあるかも、と思ってたのですが、
ここからが全然です。
係長になって6年目にようやく、来年度は課長補佐級
と上司に言われて期待してましたが、蓋をあけたらあがるどころか
部署異動でヒラ主査になり、今年度は年度はじめから来年は
かならず上にあげるから、そのつもりで頑張ってくれと部長に言われて、
必死で頑張ってきたのに、この間の内示では、何もなし。
 はっきり言って疲れましたよ。あなたと同じように。。
年も年だし、もう期待されていないというか、ライン職の
メンバーに入ってないのかと思ってしまっています。
 こんな具合ですが、来年度は出世にはこだわらず、
自分の思いを仕事に反映させるべく頑張ろうかなと思っています。
 あなたは、アラサーということで、まだまだすごくお若い!
今はお疲れかもしれませんが、出世よりも仕事内容にこだわって
頑張っていれば、必ず評価される時がくると思います。
プライベートとバランスをとりながら、あまり無理のないよう
頑張っていただきたいと思います。

返信する
jitchan

コメントありがとうございます。
疲れますよね・・・本当に。
何が辛いかと言うと、すべて「係長になることを目指すなら〇〇して当然」と言われ、仕事を押し付けられるということです。
本来は上司の仕事なのに・・・
来年、昇進させるからと言っていた上司たちはみんな異動していきますからね。
人事は上が優先されるとよくいいますが、本当にその通りです。
万時塞翁が馬、気にするなといえば無理な話ですが、できるだけ考えずにバランスよく頑張りたいですよね。

返信する
tn

はじめまして。
アラサーの市役所公務員です。

私の場合は筆者様と真逆で、採用から今まで花方部署を経験せず、外回りをし、ついに本庁から出先に移りました。

高校大学と少数派でしたし、出身も隣接市ですらありません。

何度か他課の課長から指名を受けられるくらいには努力はしてきましたが…

記事にありましたブラックボックスについて、わかる範囲で出来るだけお聞きしたくコメント致しました。

出世競争に破れたため、少なからずショックはあり、自分のなかで消化しプライベートを楽しめる一助としたいです。

返信する
通りすがり

インターネットの意見を鵜呑みにするのもいかがなものかとは思いますね。
上司によっても違うし、共感する方々についても、能力あんのかないのかわからないですし。頑張っても長年いても、使えないやつを昇進させるわけにはいかないしねぇ…
あくまで一つの職場における一つの意見ですよね。
まぁ昇進できない事を上司の価値観等にこじつけて納得するには、良い記事かもしれません。(記者さんが能力ないとは言ってない

返信する
アラサーダメ公務員

田舎市役所勤めです。
誘いを断るのは気持ちいいですよね。歓送迎会くらいは気が乗れば出てやるけど。
浮いたお金を貯めて自由を手に入れましょう。出世なんてクソみたいなニンジン今日日流行らないですよ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)