公務員の理想と現実。公務員にむいていない人とむいている人

今から公務員になろうと思っている人、

また、採用されてわくわくしている人、

もう既に働いている若手職員に伝えたいことがある。

それは、理想と現実を理解してから仕事に挑むことだ。

公務員は安定ではない。給料は固定、精神的には不安定だ。

何をもって公務員は安定と言われるのかわからない。

クビにならないとはいうが懲戒免職というクビと同等の処分がある。

仮に懲戒免職処分にならなくても大抵が自主退職している。

当然だ。

公務員のようなある意味、村社会でそう易々と仕事を続けられる精神がある人はいない。

また、給料も確かに1年間に少しずつ上がっていくが、民間企業に勤めている同期に給料が勝つ可能性はない。

これは、あえて批判を覚悟で言う。

最低限の学がなければ公務員にはなれないと仮定すると、その同期が勤める民間企業は中小企業というわけがないだろうからだ。

公務員は高給取りだと言われるが、実態はそうではない。

しかし、給料が上がった分だけ税金が増えるわけで、ほぼ固定といっていい。

にも拘わらず、精神的には超不安定だ。

ノルマがないからというが、民間企業とは全く違った精神力が必要だ。

上記のような醜い人を常に相手をしなければならないからだ。

相手は自分が良ければそれでいいような人しかいない。

多くを占めるのが「今の日本があるのはわしらのおかげやぞ」という年配だ。

普通のこと言っていても「役所はこれだから」と口癖のような人も多い。

なんでそこまでしてやりたくもない仕事をしているのか理解に苦しむ。

どう考えても、役所の人間に好印象を与えておいたほうが仕事がやりやすいに決まっているからだ。

公務員にむいている人とむいていな人

また、利益を追求しないがために、みな平等に扱う必要がある。

しかし、自分がいくら平等にしていても上の一存で180度回答が変わることがよくある。

公務員とは政治の世界なのだ。

その政治の世界のしきたりについていく必要がある。

つまり、完璧主義、正義感が強く、曲がったことは大嫌いのような性格の人は正直向いていない。

グレーゾーンを作れず白か黒かのような人だ。

法律上はダメでも前任者が「やります」と回答したことはやらなければならない。

ここで、そんなもんだとグレーゾーンを作れる人が向いている。

俺が正す!とうようなタイプは地元住民にも役所にも必要ないのだ。

また、自分はもっとできるはずだ!と思っているような人も向いていない。

公務員はみな、横並びだ。まがいなりにも評価制ではあるが、そう年収は変わらない。

どんだけ頑張ってもよこでさぼっている人と給料は同じだ。

するとギャップに苦悩することになる。

今のご時世、公務員になる人は間違いなく優秀だ。

しかし、その優秀な人材も数年すれば無能に変わる。

理由は明らかだ。

どんなに頑張っても仕事ができないで残業している同期よりも給料は低い。

自分が定時上がりなら残業代分が異なるからだ。

また、パソコンもろくに使えないような人の給料の半分以下で働かなくてはならない。

これに頭を悩ませない若手職員はいないだろう。

公務員になったら最期、あなたはもう公務員でしかない

あなたは、どんな特徴があるだろうか。

イケメン、高身長、高学歴、性格がいい、スポーツ万能、

などなど、何かしらの特徴はあるはずだ。

しかし、公務員になったら最期、あなたは何をしようが「枕詞は公務員」だ。

公務員だからという言葉で評価される。

公務員であることになんら関係がないことでも、公務員という職業に紐づけられてしまう。

個性を消すことが公務員で長く生きるコツだ。

悲しいことに、今まで同じ釜の飯を食ったはずの友人であっても、

数年すれば公務員という目でしかあなたを見れなくなっている。

仕事の何を愚痴っても「公務員が何を言っているんだ。民間なんて・・・」。

プライベートを愚痴っても「公務員は人気やから余裕じゃん」ってな具合だ。これはもちろん経験談だ。

>>>「アンチ公務員は身近な友達や家族にも存在する

公務員になったらずっと公務員

公務員が勤務中に自動販売機で飲み物を買っていた。

これは真夏の炎天下の中、とある県庁に入ったクレームだ。

民間企業に勤めている人は理解できないかもしれないが、このようなことが頻繁に起こるのだ。

炎天下のなか作業して、水分補給をしないと体調を崩したり倒れてしまうかもしれない。

とすれば、お茶ぐらい飲んでも何の問題があるというのだろう。

しかし、通報してきた人はそう思わない。

税金を使って働いている公務員が勤務中に業務以外のことをやっているのが気に食わないのだろう。

また、役所が経営している駐車場に対しあるクレームが入った。

役所の車が役所の入り口に停まっているとのことだ。

どうやら、住民こそ入り口に近い駐車スペースを利用すべきであって役所の人間は遠いところに停めて歩いてこいとう主張らしい。

役所が運営していても住民のために作った駐車場でもそれが税金だからという根拠らしい。

こんなクレームは日常茶飯事だ。

結局、まじめにやっている人が損をするのだ。

確かに公務員には明らかに素行が悪い人も多い。

しかし、その素行が悪い人を雇っていく政策をしらない市民は同じ公務員だとみなされる。

しかし、そっち側にいった瞬間にあなたの公務員人生は幕を閉じるのだ。

そこで転職しようとしてもそうは問屋が卸さない。

公務員からの転職は年齢を重ねるほど難しくなるからだ。

民間から公務員のルートは多いがその逆はないというのが、転職の実態だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)