【定期更新】株の運用実績 2021~

公務員は生きづらい?公務員であることを周りに言わない理由3選

私は現役の地方公務員であることを周りに公言していません。

理由は単純、職業を公表することは単純に「生きづらい」からです。

決して謙遜しているわけではなく、自慢のようにとられてしまうことを懸念してのことではありません。

なぜ私が公務員であることを言わないのか、本音を伝えます。

公務員であることを周りに公言しない理由3選

私が公務員であることは、家族、親戚、親しい友人には伝えていますが、世間に対しては普通の会社員という体で生活しています。

公務員であることを公言することのメリットは全くありません。むしろデメリットしかない理由を3つ解説します。

勤務先と住んでいる自治体が同じという前提で解説します。(なので私は勤務する自治体と住居がある自治体は別をオススメします)

その①公務員であることを良くないと思う人が一定数いる

アンチ公務員はどこにでもいます。家族にも友人にも。>>>「アンチ公務員は身近な友達や家族にも存在する。」

  • 公務員は安定していて良いですね
  • 公務員は簡単に休めるからいいですね
  • 公務員は給料が高く生活レベルが高いなんて楽できていいですね

といった嫌味ともとれる単なる称賛ともとれる言葉を投げかけられることもしばしば。とにかく偏見が多いんです。

仕事でも役所の職員というだけで話も聞いてくれないばかりか罵倒されることも多々あります。このような考えをもっている人が自分の周りに住んでいると思うと、こちらとしてもできる限り関わりたくないのが本音です。

その②勤務先を特定される

個人情報を知りたい赤の他人は本当に多いです。美容院が最悪で、根掘り葉掘り聞いてくるので本当に嫌です。

公務員です!と言うと、どこにお勤めなんですか?といった職場を特定する質問をされることがあります。言いたくないと言えば、公務員の姿勢としていかがなものかと批判されるでしょう。

勤務先を特定されれば、私生活を含めて一挙手一投足、監視の目にさらされることになります。もちろん、やましいことなんてないのですが、近年は何かにつけて通報される文化ですから、リスクは避けたいというのが本音です。

警察官や救急隊員が自販機で飲み物を買っていただけで通報される嫌な世の中ですからね。

その③自治体や学校のPTAなど頼まれ事を断りづらい

地域の行事やPTA活動など、公務員だと非常に断りづらいです。

地元の消防団活動がその典型的な例でしょう。村八分にされるとまではいいませんが、仕事に影響を与える可能性も多いにあります。

これが民間企業だと個別で評価されるため、あの人は頼んでも受けてくれないカテゴリーに入ることが可能ですが、公務員となった瞬間に周りの目は変わります。公務員は暇、プライベートも公務に使うべき、だって私たちの税金で生活しているんだから!というカテゴリーに入ることになります。

参考までですが、保険の営業マンがうるさいです。なぜかお昼休みになると保険屋さんが職場内に入ってきて保険の勧誘が始まります。私はきっぱり断れるタイプですが、それでも何度も何度もしつこく聞いてきます。

公務員ですから、いくら嫌でも無視できませんし、強い言葉で言い返すこともできません。社会人1年目の新規採用職員なんて保険屋からすれば格好の獲物です。

公務員であることを周りに公言してはいけない公務員もいる

自衛官、警察官、国税専門官など、仕事内容が特殊な公務員は公言していないことが多いと思います。

隣の家の人が警察官だと分かって、分かる前と同じ態度で接することができますか?警察官だと分かったら、あれこれお願いしたくなりませんか?地元のいざこざだったり、何かの事件が起こったらあれこれ言いたくなりませんか?

国税専門官のうち税務調査をする仕事の担当であれば、自分の身分を明かすことで証拠を隠蔽される可能性があります。

なので、プライベートが仕事に影響しやすい(逆も然りですが)ため、公表したくてもできない職種があるということです。

まとめ

公務員であることを公表することのデメリットを解説しました。

公務員は飲み会のときに自治体の名前は絶対に出しません。あくまで民間企業のサラリーマンの体で話しをしています。勤務する自治体で飲み会となると、どこで誰が聞いているか分かりませんから、情報がもれようものなら大問題ですからね。

一方、公務員であることを堂々と公言している人もいます。その人たちからすれば公務員であることを後ろめたいと思うこと誇りに思わないこと自体が間違っているかもしれませんが、現実はそう単純ではありません。それほど公務員であることに風当たりは強いと感じます。

時代の変化で地域との関係が軽薄になっていることも要因の一つかもしれませんが、今の若手職員の中で堂々と公言して生活している人は少ないと思います。ベテラン職員のように地域と関わりながら生活してきてないことが原因です。

公務員というだけで一定の妬み嫉みを買いますから、私にはその覚悟がありません。職業を言わないことで逆に詮索される可能性もありますが、詳しく説明するのも面倒です。どう説明しようが、結局は「公務員」という一括りされるだけですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)