【定期更新】株の運用実績 2021~

【実体験】パワハラに耐えている公務員へ伝えたい対処法

今もパワーハラスメントに耐えている現役の公務員は多いと思います。

私も上司からパワハラを受けていつ仕事を辞めようと考える毎日を送った経験があります。

  • 平日時間外や土日祝に平気で仕事の電話をかけてくる
  • 決裁文書に1か所でも間違いがあると叱責される
  • みんながみている場で長時間怒鳴られたり、机を叩かれて威圧される
  • 事務のミスについて反省文を書かされる
  • 何が目的か分からない資料を作成を指示され結局活用されずに終わる
  • 感情で判断されるため、優先順位や言っていることがコロコロ変わる
  • 問題が起これば全て私のせいにされる

など、言えないことを含めればまだまだあります。

ずっとパワハラを我慢してきた私だからこそ伝えたいことは自分で抱え込まないことです。まずは自分が優先、仕事なんて二の次です。

自分で抱え込んでいるときは本当に毎日がしんどく、休日も休んでいる気がしませんでした。しかし、信頼できる人へ相談してから少しずつ状況が改善した経験から、パワハラを受けたときの実体験からおすすめの対処法をお伝えします。

パワハラを受けている事実は自分から言わないと誰も分かってくれない

社会は決して察してはくれません。

あなたがパワハラを受けていようと、周りは知りませんし、知っていても知らないフリをします。

なぜなら、

  • そもそも、あなたがパワハラを受けていることに気が付いていない
  • パワハラの被害が自分にきていない以上、見て見ぬふりが最善だと思っている
  • パワハラを助けると、今度は自分がパワハラをされるかもしれないという思いから動けない

など、多くの理由から自ら察して助けてくれる人はまずいません。

ただ、パワハラに耐えているだけでは状況は一切好転しません。人事異動を待つ手段は先延ばしにするだけなので最悪です。同僚ならまだしも上司ともなればパワハラを注意できる人も限られてきますから、自分から動く必要があります。

私も周りに相談して初めて、あの人はそんな人とは思わなかったと周りから言われました。しかし、周りにあの人はパワハラをするような人だと認識を改めさせる必要があります。その有効な手段は、周り巻き込むことです。一人で何とかしようと戦わないことです。

パワハラを受けたときにおすすめしたい対処法

もし、パワハラを受けたと感じたとき、それが一過性のものであっても受けるストレスは相当なものです。パワハラが続くようであれば、自分から行動を起こすことをおすすめします。

注意したいことは、段階を飛び超えないことです。客観的事実がないまま主観的に動くのは得策ではありません

具体的には、

  1. 信頼できる人へ相談する
  2. 同僚や上司へ相談する
  3. 人事課や相談窓口へ相談
  4. 人事異動を希望する
  5. 休職する

のステップを踏むことをお勧めします。自分で抱え込まない、周囲を巻き込むというのがポイントです。

いきなり人事課へ直訴したりすることはお勧めしません。理由は単純で、あなたがパワハラを受けている事実が特定されない場合、あなただけが悪者扱いされる可能性があるからです。パワハラをしている人はパワハラなんてしていないと主張しますからね。

もちろん、耐えられない段階であればすっ飛ばしてください。仕事より評価より自分自身の心身のほうが大切ですから。

①信頼できる人へ相談する

パワハラを受けてまずやることは、信頼できる人へ相談することです。

できれば、係長級、課長級、部長級がいいです。部署は問いません。前の部署の上司など自分のことを評価してくれている人がベストです。上の人の中には、親身になって行動してくれる人はいます。

パワハラかどうかは本人がどう受け止めるかが重要は要素ですが、やはり客観的な判断も重要となってきます。パワハラと教育的指導との境界は難しく、パワハラをしてくる人が実は周りから評価されていたり信頼されていたりすると逆に自分の立場が悪くなる可能性があります。

家族、友人、仲の良い同期に相談することも大切です。悪口を言ってストレスの発散をすることは気持ちの整理にもってこいです。しかし、状況の改善は見込ません。状況を改善するにはやはりそれなりの力をもっている人に相談することをおすすめします。

②同僚や上司へ相談する

パワハラ野郎にあなた1人では勝てません。まずは仲間を増やしましょう。中には、パワハラをされているときに助けてくれる同僚もいます。

課長のパワハラをその上司の部長が気が付けるかは難しいでしょうし、係長のパワハラとなれば部長はまず気がつけません。だから伝える必要があります。

パワハラを受けていることを共有することは、裏を返せばその事実を知っていた人はもしそのパワハラが問題になったときの責任問題になります。特に管理職はパワハラを放置した責任を取らされることになりますから、言っておいて損はありません。

特に今の時代はパワハラを見て見ぬふりをしただけで懲戒処分の対象となりますから、上司に伝えたという事実は非常に大切です。

③人事課や相談窓口へ相談

信頼できる人へ相談しても、同僚や上司に相談しても解決しない場合は、人事課やパワハラの相談窓口等へ相談しましょう

当然、上司へ相談するときには、状況が好転しない場合は人事課へ相談することは伝えておきましょう。人事課へいきなり相談するのも手ですが、順序を間違うと部署自体が敵になりかねないので注意が必要です。

④人事異動を希望する

パワハラ野郎を異動させるか、自分自身を異動させるか、の2択を選択させましょう。時期も指定して、いついつまでに解決されなければ行動に移すことも伝えてください。

一番の悪手は、パワハラに耐えていれば人事異動でどちらかの異動を願う行為です。パワハラの事実を人事権をもっている管理職が知っていなければ、そのまま残留という可能性も十分にあります。

そのため、上司や人事課へ相談する際には、人事異動を希望してください。希望しても無理だったら、遠慮なく休職しましょう。仕事より自分自身を大切にしましょう。

⑤休職する

精神的に限界であればいきなり休職してください。段階を踏めなんて言いません。

ただ、休職の理由が自分に非がないパワハラだとしても人事評価が下がることは事実です。人事異動にも少なからず影響を与えますから、出世にも関係する事実は否定できません。その思いから休職に踏み切れない人もいるというのが現実です。

休職するまでに手順を踏んで、周りが助けてくれなかったという事実があったほうが復帰時に有利に働くことが多いです。休職して仕事を辞めるというよりも、まずは休職してみてそこから考えるべきです。であれば、復帰後の待遇を考えて動くべきです。

まとめ

パワハラを受けた経験がない人も、いつパワハラに悩まされるか分かりません。人事異動というガラガラポンのせいでパワハラ野郎に遭遇する可能性は誰にでもあります。

そのため、パワハラを受ける前に対処法を知っておくべきです。

ポイントは、絶対に自分だけで抱え込まず、周囲を巻き込んでください。周囲を巻き込むことで助けてくれる人がでてくるかもしれませんし、パワハラをした人に対して見て見ぬふりをしたという事実は十分に懲戒処分の対象となりますから、周りを巻き込むことはパワハラを解決する有効な手段です。

パワハラ野郎も敵があなた1人であれば続けるかもしれませんが、部署全体ともなれば話は変わってきます。人事課にも多数の声があれば言動に信憑性が増し動いてくれる可能性も高くなります。

パワハラをしている人の権力が強く、パワハラを受けた人が異動させられるパターンもあると思います。その時はラッキーだと思いましょう。パワハラ野郎は懲戒処分をされてもパワハラを続ける人が多いですから、離れることを最優先にすべきです。なぜ被害者の私がと思う気持ちも理解できますが、第一優先はパワハラから逃れることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)